徒然研究所 ここは小粋に…
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここは小粋に…
 え~、ほぼ一ヶ月に一度のエントリが続いてますが、相も変わらず「ケムリ」の話題です。
 手巻きタバコ、パイプと手を付けていましたが、とうとう煙管も始めました。

 さて、パイプや紙巻きタバコが海外のタバコ文化だとすると、煙管は純和風。
 喫煙具としての煙管の原型は海外から来たモノのようですが、使用する「刻みタバコ」との組み合わせは日本独自のモノのようです。
 まずは道具から、という事で、Amazonで良さそうなモノを見繕って購入。
 その名も「助六煙管」という商品で、ちょっと長めの26cmほどの竹らおの煙管を購入しました。

 単純に、購入済みの手巻き用のシャグを吸っても良いのですが、そこはやっぱり、煙管専用の刻みタバコも吸ってみたい。
 手巻き用やパイプ用のタバコは驚くほどの種類がありますが、煙管用の刻みタバコはわずか3種類。
 そのうち、JTが販売しているのが「小粋」という商品で、日本在来のタバコ葉をブレンドして、0.1mm幅に刻んだものです。
 他は、海外品種のタバコ葉をブレンドした「黒船」と「宝船」という商品がありますが、煙管といえば「小粋」だそうで。

 そんなわけで、いつものたばこ屋さんで「小粋」をゲット。
 一応加湿して、まずは一服…。

 ん~~、これはウマい…。
 少なめに詰めるとわずか数回、多めに詰めても10回程度しか吹かせないのですが、何ともいえない香りとうまみ。
 これはやみつきになりそう。
 なんか、わずか数服のの喫煙というのがとても楽しい。

 面白いのは海外産の手巻きシャグだと、なんか違うのですよね。
 やっぱり日本人には煙管が合っているのかもしれません。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。