徒然研究所 火のないところに煙は・・・
徒然研究所タイトル画像
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火のないところに煙は・・・
 8月のある日のこと。
 思うところあって、手巻きタバコを始めました。
 まぁ、大きな理由はタバコにかかるコスト削減、だったりするのですが。(^^ゞ
 手巻きタバコ、始めて見ると奥が深く、いままではワタクシの中で、「足りなくなったニコチンを補充するため」の行為だった喫煙という時間が、タバコの味と香りを楽しむ趣味のような時間になりつつあるような気がします。
 費用も、1週間あたりで比べると、だいたい2/3位くらいに抑えられました。

 とはいえ、まだまだコストダウンの余地がありました。
 タバコの葉っぱがないとタバコにならないので、こちらはなるべく少なくする事しかできませんが、フィルターと巻紙は使用量をゼロにすることができます。
 それが煙管やパイプという喫煙方法。
 こちらも奥深いものがあるらしいのですが、とりあえず手巻きタバコの葉っぱに使える煙管風パイプを購入して、挑戦しています。
 使用しているのは、ファインパイプとブライアーのカピート。どちらも¥1,500ほどで購入できます。
 道具購入の初期投資はありますが、フィルター&巻紙分のコストダウンだけでなく、手巻きタバコでも必ず残ってしまう、シケモクの葉っぱの無駄が出ないので、葉っぱ自体も節約できるようになりました。

 最初は舌焼けが痛かったり、味は辛いばっかりと大変でしたが、最近はなんとかクールスモーキングができるようになってきたみたいです。

 今後、本格的にパイプも始めようかなぁ、なんて思いつつ、カピートにアメリカンバイソンのセレモニアルブレンドで一服。
 とっても甘くてウマー。(^。^)

 *喫煙は20歳になってから。健康に影響する事があるかもしれないので、その辺は自己責任で。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。