徒然研究所 PACIFIC RIM をみてきました
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PACIFIC RIM をみてきました
 久しぶりに映画を観に行ってきました。
 場所はいつものモラージュ菖蒲。IMAX 3D字幕版です。

 太平洋の深海から現れたKaiju=怪獣と闘うために、なぜか2人乗りの巨大ロボをつくっちゃった、という映画ですが、なかなかに楽しめました。
 いろいろツッコミどころは多かったんですが、その辺を全て吹き飛ばす「熱さ」がありましたね。
 ロボットの実写アクション、というとトランスフォーマーシリーズがありますが、あちらよりとにかくサイズが大きいので、戦闘の迫力が半端ないです。
 ただ、ちょっと残念なのは、各ロボや各怪獣のキャラ付けがいまいちわかりにくかった事。
 主役以外のロボは、それぞれの戦闘が結構あっけなく終わってしまうので、ただ「やられちゃった!」という感じに見えてしまうんですよね。
 怪獣も、形態は違えど、黒っぽい体色に青白い体液とか共通で、サイズの差もわかりにくいのが残念かな?と。
 あと、あいかわらず「最後は核が切り札」っていうのはどうなのよ?と。

 まぁ、あんまり説明が多くなると、冗長になってしまうのでしょうから、仕方ないんでしょうけど。
 そうそう、3Dにかんしてですが、この作品は2D撮影後、コンバートしているようなので、「適度な3D感」が楽しめると思います。

 142分とちょっと長めですが、ちりばめられた過去作品へのオマージュを探したりしながら観ると、かなりディープな楽しみ方もできると思いますし、そうじゃなくても頭空っぽにして観られるSFアクション映画としては、かなり面白いと思うのでおすすめです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。