徒然研究所 てっぱく にいってきました 2013
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てっぱく にいってきました 2013
 

 今年も妹&甥っ子2人が滞在してまして、恒例になっている「てっぱく」ツアーに行ってきました。

 といっても、甥っ子2人の主目的は車輌の観察より、ミュージアムショップでの買い物だったりするのですが。(^^ゞ

 開場直前に到着し、入場待ちの列に並びましたが、すぐに入場。
 品切れする前に、駅弁ショップで昼食用の駅弁を購入し、軽く場内を見学。

 ワタクシはそんな3人を撮影したり、展示車両を撮影したり。

 

 左は、「つばめ」のヘッドマークを掲げたEF58。ヘッドマークは期間限定だとか。
 右は、0系を展示している手前にいるC51。正月飾り付き。

 

 2Fコンコースから。結構混雑しています。

 甥っ子2人はジオラマを見学するというので、ワタクシは東北&上越新幹線の走行を見学できる3Fテラスへ行き、E5形はやぶさの通過時刻を確認。
 上りが毎時39分、下りが毎時23分。甥っ子2人が見ているジオラマ見学が15分頃に終わるというので、、見学終了後、そのまま3Fテラスに行き、ちょっと早めの昼食を摂りながら通過を待つ事にします。

 23分の下りは、通過時刻を29分と勘違いしていたせいで見逃しましたが、39分の上りは何とか撮影成功。

 

 このときの上りは4~5分ほど遅れていて、上越の下りにきを取られている内にやって来たので、なんとか中間の連結部分を撮影できました。
 驚いたのは、この直後に同じ下り線を「こまち」らしき列車が通過した事。その差はほんの十数秒。
 周りにいた子供の中には、「追い抜くんじゃね?」とか言ってるのもいましたが、ワタクシは、高速鉄道をあの間隔で走らせる、日本の技術の凄さを実感しました。

 

 その後は軽く場内を一回りして、ミュージアムショップで買い物をし、ツアー終了。
 なかなか忙しいツアーとなりましたが、甥っ子2人が楽しんでくれたようなので、まぁ良かったのかな?

 
 
 
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。