徒然研究所 「Ⅱ」
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Ⅱ」
 

 当日の空模様で、行くかどうか迷いましたが、やっぱり行ってきましたよ。
 ペンタックスのタッチ&トライ。

 今回の主な展示は「K-5Ⅱ&Ⅱs」と「Q10」。
 ワタクシ的には、やはり「K-5Ⅱs」が気になるので、入場してすぐ、まずはタッチ&トライの列に並びました。
 開場からすぐだったので、人も少なめ。程なくワタクシの順番が回ってきました。

 触れたのはK-5Ⅱs+DA18-135で、まずは外観チェック。
 ・・・なんですが、やっぱりK-5とソックリ。(^^ゞ
 わずかな違いは正面左肩のネームと液晶画面周辺だけ。
 液晶画面に関しては、反射が減って見やすくなっているだけでなく、映像そのものも少し綺麗になっているような気がしました。
 見やすさに関しては、会場内ではK-5との違いはわずかですが、屋外などではかなり違うそうです。

 説明員の方に少し質問してみたのですが、

 ・K-5との違いは?
  液晶画面とAFモジュール以外は、K-5と一緒とのこと。
 ・AFモジュールの名称から+(光源識別機能)が無くなっているけど?
  今回はAFモジュールが新しくなっているので「X」という名前になった。「IX+」の機能(光源識別)は継承している。
 ・「ローパスフィルターレス」というのはローパスフィルターを無くしただけ?
  ローパスフィルターの代わりに、光学ガラスが入っている。(D800Eと違い、本当に素通し?らしい。)
 ・AF-Cの「セレクトエリア拡大」って何?
  「K-30」で初めて搭載された機能で、ほぼ同じ。
  AF-C時に、選択されているAFポイントの周辺のAFセンサで補助をすることで、外しにくく、正確にAFし続ける、らしい。(^^ゞ
 ・メモリーカードの「UHS-I」には対応している?
  SDXCは使えますが、UHS-Iには対応してません。(苦笑 んん~、K-5から変わらず。ざんねん…。

 といった感じだそうで。
 まぁ、事前に流れていた情報通り、といったところでした。
 
 その後は、田中先生のトーク会場へ。
 相変わらずの傍若無人?ぶりで、初っぱなから「K-5ⅡとⅡsならⅡsがおすすめ。Ⅱを買う人の気が知れない。」とか言っちゃってたりしました。(^^ゞ
 その後、ローパスレスでのモアレや偽色などについての解説やなんかをしてましたが、ワタクシの聞いていた回ではフルサイズに付いては特に発言はありませんでした。
 ※その後の回では、ペンタックスもフルサイズ開発中との発言があったそうです。
 「解像感」に関しては、シャープネス処理をうまく使う事でより「解像感」を得る事ができるよ、という解説をしていましたが、その辺は使う人次第でしょうね。

 トーク終了後は、暗所AFお試しへ。
 被写体はNゲージのジオラマと、ミニカー、クラゲの水槽の3種類。
 ジオラマは少し照明されていて、列車の模型が走行中。
 ミニカーはほとんど照明が無く、さらに色違いの車体が何台か展示してある状態。
 クラゲの水槽は、水族館などで見られるような周りは暗いけど、水槽内だけ少し照明されている状態。

 ジオラマとクラゲは、K-5でも何とかなりそうな感じ。実際に、クラゲはK-5でもスピードは遅めですが何とかなりました。
 驚きはミニカーで、中に濃紺の車体が展示されていて、ファインダーで覗くと「暗闇にカラス」じゃないですけど、ほとんど見分けが付かないのです。
 それでもK-5ⅡだとスーッとAFしてくれる。K-5では一瞬停まったあと、ジッジーっとAFし、半分ぐらいはあきらめちゃいます。
 近接では、AF補助光が使えればあまり差はないと思います。
 ですがが、近接でもAF補助光が使えない場合や、補助光が届かない夜景なんかを撮影する事を想定すると、、
  K-5の場合・・・・・被写体の明るい部分でAFしてAFロック、構図を調整して撮影という手順が必要
  K-5Ⅱの場合・・・普通にAFして撮影可能?
 という事になりそうな感じです。

 お次はQ10のコーナーを見学。
 Q10+KQアダプタ+DA300=1650mm相当のセットが三脚で据えられていたのですが、JRを挟んだヨドバシの壁面の広告が鮮明に写っててビックリしました。

 

 ちなみにどんな感じかというと、上の画像で壁面にカメラ(NIKONの広告)があると思いますが、そのカメラの「NIKON」の文字が液晶画面中央でバッチリ読めるぐらいです。(^^ゞ
 Q10は撮影サンプルも綺麗ですし、レンズが増えれば結構使いでのあるシステムになりそうな気がします。

 最後に、Q10のカラバリをチェック。

 

 いや~、これだけ並ぶと壮観ですな。見た目が少しオモチャっぽいけど、そこがまた良い雰囲気だったりしますね。

 

 ワタクシ的に、選ぶとしたら「銀+茶」か「金+茶」が渋くて良いのでは?と思いましたが、もしも「青+黄(今回のカラバリには無い)」があったら、購入検討してたかもしれません。

 そんなこんなで会場を後にしました。

 個人的には、K-5を持っている人が購入するならK-5Ⅱs買い増しの一択でしょうねー。
 K-7以前からなら、使用用途をよーく考えて、ⅡとⅡsを選べばいいと思います。

 さて、どうしましょうかね。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。