徒然研究所 ・・・ねろ ?
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・ねろ ?
 ワタクシの愛車、スバル インプレッサWRX STI。2002年の発売時に購入してから、全然タイヤ交換していませんでした。
 純正のタイヤはブリジストンのPOTENZA RE-070という「ほとんどレースタイヤ」のようなタイヤ。
 納車の時に、ディーラーの営業さんから「一皮むけるまでは慎重に、その後も雨の時とかは気をつけてくださいね」と注意されるようなタイヤです。
 それが、新車時から10年経つと、はっきりいってかなりヤバい状況。

 

 サイドウォールには特にヒビなどは目立ちませんが、ゴムが劣化してかなり「ヤラれている」状態。
 ちなみに、溝がほとんど無いように見えますが、これは元々のトレッドパターン。
 トレッド面を見てみると、そこには衝撃の光景が…。

 

 もう、ヒビがいっぱい。これは明らかに、本当に、ヤバい
 なまじ溝が残っているからと交換を先延ばしにしてきましたが、そろそろ限界か…。

 同銘柄への交換は、目が飛び出るほどの費用がかかる事はわかっているので、別銘柄への交換を考えます。
 この辺は昨年のエントリでも書いていまして、その時はダンロップのディレッツァがイイかなぁ?などと書いております。
 このタイヤ、ネット通販などでは一本¥12,000程で販売されていますが、その場合、どこかに持ち込んで交換してもらわないといけません。
 いちおう、近所のカー用品店などで持ち込みで交換してもらえるか確認などしていましたが、やっぱり通販はなぁ…、となかなか決心できなかったのです。

 ところが、今日の朝刊を見ていると、なにやらタイヤのセールの広告が。
 残念ながら、ディレッツァはセール対象ではなかったのですが、ピレリのP-ZERO NERO(215/45-R17)が、一本¥10,000を切る大特価。
 ネットで調べてみると、ディレッツァよりもわずかにコンフォートよりですが、ウェット性能には定評があるらしい。
 ピレリといえば、スバルのラリー時代のタイヤでもあるので、組み合わせとしては悪くはありません。
 ただ、今まで聞いた事がないお店で、一番近い店舗でも場所がさいたま市R17沿い。
 自宅からはちょっと離れていますが、ここまで安いなら行ってみる価値はありそう。

 で、早速行ってみました。

 

 お店の名前は「フジ・コーポレーション」。宮城県の会社だそうで。

 お店に到着して、まずはタイヤサイズを再確認。225/45-R17…。あれ?幅を勘違いしていた?
 まぁ、同銘柄ならそこそこ安いのでは?と期待しつつ、店内へ。
 店内にはホイールがたくさん展示されていますが、タイヤはあまり展示されていません。
 わずかに展示されているタイヤも、あまり価格は明示されていなくて、かわりにチラシや価格表が掲示されていました。
 とりあえず、店員さんに尋ねてみると、「P-ZERO NEROは広告のサイズだけが格安で、そのサイズだとお高くなりますよ」との事…。orz

 でも、折角一時間弱もかけて来たのだからと、ディレッツァとP-ZERO NEROで見積もってもらいました。
 すると、工賃込みでディレッツァが¥86,000ほど、P-ZERO NEROが¥75,000ほどとのこと。
 ネット通販の最安値に比べれば少々高いけれど、自宅近くのカー用品店に比べればかなり安い…。

 さらに確認するとP-ZEROの方は在庫があるので即交換できるけど、ディレッツァは系列店から取り寄せが必要で、翌日以降になるとのこと。
 
 ちょっと悩みましたが、価格差と即交換できるので、P-ZERO NEROを選びました。
 スチール製バルブへの交換も追加して、工賃込み総額で¥77,000ほどでした。

 面白いのは、店内で案内をしている店員さんが、交換作業もやるみたいで、先ほどまで伝票を間にやりとりしていた店員さんがワーキングエプロンを着けて、他の店員さんと一緒に作業していました。
 途中、取り外したタイヤ(RE-070)のトレッド面ををチラッと確認しましたが、やっぱりヒビだらけ。(^^ゞ

 30分ほどで交換作業が終了。
 そこで一つ確認事項。P-ZERO NEROの「エクストラロード=高耐荷重対応」版は、空気圧で耐荷重を調整するそうで、今回は車輌側の標準設定に対して0.2ずつあげ、四輪全て2.5にしてあるとのこと。
 その辺の注意事項を記載したメモをいただき、装着状態を確認して完了です。

 
 

 さすがにピッカピカ。(^_^;) RE-070と比べて、トレッドパターンの見た目もごく普通。
 一皮むけるまでのタイヤは滑りやすいもの。100kmほど走ればほぼ一皮むけるそうなので、慎重に運転して帰宅しました。

 ちまちま乗りながら一皮むいて、RE-070との違いなど、後日レビューしたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。