徒然研究所 ちょっとタイム…
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとタイム…
 MC-1WOにMM-CUBE Ezyを取り付けてから、20kmほど走ると、左の膝にじんわりとした痛みを感じることがありました。
 原因は当然のごとく、足が固定されているから。

 ワタクシは中学生の時に左膝下を剥離骨折した事があり、体調が悪い&低気圧の時など、少し違和感を感じる事があるのです。
 MM-CUBEはシマノのSPD互換っぽいペダルで、基本は一点固定タイプ。
 膝の違和感などがあっても、リアルタイムで踏み位置を調整するといった事は出来ません。
 MM-CUBE以外にワンタッチで取り外せるビンディングペダルはウェルゴなどにあるみたいですが、こちらもシマノSPD互換のようで、膝痛対策にはなりません。

 しつこく調べてみたところ、見つけました。

 

 三ヶ島のアーバンステップインA Ezy スーペリアです。
 こちらのペダルは片面ビンディングで、Ezyシリーズの改良型のスーペリア仕様。
 まずはフラット面ですが、当面が前後に長く、中央部分が大きく空いているので、クリート付きの靴底でもクリートがぶつかりにくくなっています。。
 外周には細いスパイクピンもありので、フラットといっても食い付きよくしっかりペダリングできます。

 

 ビンディング面はこんな感じ。見た目はかなりシンプル。
 膝に優しいことで定評のある、TIME ATACペダルと完全(?)互換です。
 シマノSPDと違い、リアルタイムで固定位置を左右に数mm(5mmほど)移動出来るほか、5度ほどひねる事もできるそうです。
 また、MM-CUBEに比べて靴底の接地部が広いようで、何となくしっかり踏めるような気がします。

 

 左足側のクリート。シマノSPDなどと違い、クリート自体を左右位置は調整はできません。
 踵側の突起が微妙に左右非対称形なのは、リリース角度が違うため。そのため、クリートは左右指定があります。
 標準では外=12度、内=15度ですが、左右のクリートを入れ替える事で逆にする事もできます。

 まだ慣らし状態ですが、MM-CUBEと比べて、

 ・キャッチはちょっと難しいかな?前後の爪がいっぺんにグリッと入り込む感じで、感触は掴みにくいかも…。
  ちなみに、ペダルをフリーにすると、クリート面が上後方45度ぐらいを向いてくれます。
  なので、足を後方からのせるとクリート面に、前方からのせるとフラット面に向けやすくなっています。
 ・走行中でも、少しコジるようにすると、固定位置を左右に動かせます。これはイイ。
 ・リリースは外向きはMM-CUBEよりも少ないひねりで外れるので初心者にも安心。
  逆に内向きはMM-CUBEよりもひねらないと外れない感じです。

 という感じ。
 あと、MM-CUBEでは歩く時にクリートが路面にあたるのが非常に気になったのですが、こちらのクリートだと前後位置も違うからか、路面にあたりにくく、歩きやすくなりました。

 まだ走行距離が少ないので、膝痛に効くのかどうかはわかりません。
 これでしばらく走ってみますかね。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。