徒然研究所 MC-1WO 作業日報
徒然研究所タイトル画像
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MC-1WO 作業日報
 一日空きましたが、今日のMC-1WO作業状況です。
 昨日、今日でワイヤリングなどを行い、自走可能状態になりました。

 

 車体が水平に近づくように、あえて傾けて撮影したんですが、やっぱり変ですね…。Orz
 ダブルレッグはMC-1cpからの流用。これでも15mmぐらい短くしたんですけど、前輪がかなり浮いてしまいます。
 
 

 左はヘッド周辺、右はリアハブ周辺です。
 いつも悩むのがヘッドライト取り付け位置。今回はヘッドパーツの上ナット部分に取り付けたので、ハンドル周りがスッキリしましたが、ワイヤーの取り回しに少し悩みました。
 
 リアカセットはMC-1cpからの流用なので、カプレオのリアカセットから26Tを抜き、12Tを追加してあります。
 最近はカプレオハブに使えるシマノ10速やカンパ11速の互換カセットが発売されているようですが、エラい高額なのですよね…。
 ちなみに、チェーン跳ね上げピンは、プレートは座繰り有りのMC-1cp用、ピンそのものはノーマルMC-1を使っています。

 

 折りたたみ状態。
 ワイヤリング前は、折り畳んだハンドルがブラブラしてカチカチうるさかったんですが、ワイヤリングした事でうまい具合にテンションがかかるようになり、静かになりました。(^^ゞ

 

 クランク周辺のクリアランス。右が1mm強、左は3mm強あります。
 右側のチェーンステイ(プレート?)には、走行中にフレームがヨレてクランクと接触したらしく、すこしキズが残っていました。(--;)
 左右でバランスを取るなら、BBハンガーの右側にスペーサーを入れた方が良いかも…。

 

 折り畳み時のハンドルの状態。
 余裕はありませんが、ギチギチというほどでもありません。

 さて、これで試乗してみた感想は、次のエントリで。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。