徒然研究所 見た目?雰囲気?
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見た目?雰囲気?
 台湾カテでこのタイトル。何の事かと思われるでしょうが、ちょっと聞いて下さいよ。

 ワタクシ、遠い祖先は知りませんが、少なくとも二代前から純粋に日本人でございます。
 で、ほぼ日本語しかしゃべれませんし、わかりません。

 そんなワタクシですが、台湾で一人でブラブラしていると、なぜか道を尋ねられるのです。
 思えば、二度目の訪台(仕事)の時に兆候がありました。
 仕事関係の方たちと食事中、先方の友人らしき方がたまたまいらっしゃったのですが、ワタクシと一緒に行っていた日本人には日本語で挨拶、ワタクシには台湾国語で挨拶…。
 その時のワタクシは訪台二回目。何がその方にワタクシを台湾人と思わせたのか?

 そしてここ数年。呉さんの都合もあり、旅行中の単独行動が増えました。
 まずはデパート近くで上班族(サラリーマン)らしき男性に道を尋ねられました。
 その次もやはり同じようにサラリーマンらしき男性に、MRTの構内で何事か尋ねられました。
 このお二方は、他に周りに人がいるにもかかわらず、ワタクシに尋ねてきたのはなにが理由だったのでしょうか?

 とどめはMC-1でフォタリング中に、若い女性に何事か尋ねられました。
 このときは周りに人が少なかった(いなかったわけではない)のですが、怪しい自転車に乗った怪しいオッサンに聞くことないと思います。

 呉さんに話したところでは、「う~ん、日本人ってわかると思うんだけどなぁ。何でだろう?」とのこと。

 心苦しいのは、何かに困って声をかけてきたのだろうに、「日本語しかわからないです、ごめんなさい」としか返せない事。
 やっぱり勉強するしかないか?
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。