徒然研究所 サイクルショーに行ってきました
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイクルショーに行ってきました
 

 25周年だそうです。(^^ゞ
 
 というわけで(?)、以前から行ってみたかった台北サイクルショーに行ってきました。
 会期は3日間なのですが、サイクルモードなどと違い業者向けがメインのため、一般の見学は最終日の3月10日のみ。
 ワタクシ一人では色々と不安なので、お願いして呉さんに同行してもらう事にしました。
 ただ、呉さんの仕事の都合もあり、台北への前日入りは断念。8日に高雄に入り、10日朝に高速鐵路で台北へ移動しました。

 台北駅に着いたのが11時過ぎで、昼食を摂って12時頃に会場に到着。
 早速入場してぐるぐると見て回りました。

 

 ちょうど目に入ったのがミンサイクルのブース。なにやら人が集まっているので覗いてみるとSTRIDAの3速モデルが展示されていました。
 フロント内装3段変速らしいのですが、変速方法がいまいちよく判りません。
 左のパネルを見ると、ペダルを60°回転させるごとにシフトしていくようですが、なんかちょっとやりにくそうな…。

 

 お次はMobikeyの電動アシスト版。さらに重くなってるんでしょうか…?

 

 こちらは自転車向けのウィンカーシステム。といっても、ウィンカーだけでなく、ライトからサイクルコンピュータまで一体のシステムのようです。
 自転車では手信号を行う事になっていますが、片手運転になってしまうので、つい忘れがちです。
 バッテリーの問題などあると思いますが、こういうシステムがあったほうが良いのかもしれません。

 

 SATORIのステム関係。
 この画像以外に、EASYUPに上下調整+90°回転を付加したもの、左右90°ずつ回転するものなども製品化されたようでした。
 いずれもオーバーサイズ用なので、GRANDTECHとかには使えませんが…。

 

 ちょっとわかりにくいですが、某BROMPTONにソックリな自転車。
 台湾の新興メーカーが販売しているようですが、いろいろ大丈夫なのか心配になってしまうほど似てました。(^_^;)

 サイクルモードなどを基準に、3時間もあれば充分見て回れるだろうと思っていたのですが、会場の広さだけでなく、ブース数も多くて、結局駆け足で見てまわり、呉さん共々クタクタになりました。

 それでも、日本では見かけない製品類もかなり見られたので、個人的にはかなり良い刺激になりました。
 また来年も見に行けると良いなぁ。
関連記事
コメント
コメント
亀レスですいません。

>STRIDAの3速モデル
うわさには聞いていましたが本当に出たんですね。
ホント、どうやって変速するんでしょう?
日本には導入されそうに無いですし、されても買えない値段になりそうですがv-406
 
>自転車向けのウィンカーシステム
必要性は感じますが、幅が無いので左右どちらに出しているのか認識されにくそうです。
かといってウインカーを離して設置すると自転車の取り回しに影響出ますし。
その辺の解決策を期待したいですね。
2012/04/05(木) 12:59:57 | URL | とんさあ #5p4vzfrw [ 編集 ]
ども~。遅レスですが・・・。
STRIDAの変速は、走行中にペダルを逆回転させる、というような感じのようでした。よく判りませんが。(汗

自転車の光りモノ系の安全装備は、もっと充実させても良いとは思うんですが、電源とか問題ですね。
大手メーカー主導で動いて欲しいなぁ、と思います。
2012/04/10(火) 01:01:01 | URL | #ulYx6Mu6 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。