徒然研究所 CP+ 2012に行ってきました その2
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CP+ 2012に行ってきました その2
 PENTAXブースの次に向かったのはSIGMAのブース。
 コンパニオンのお姉ちゃんにカタログをもらった後は、一直線にMerrillの展示コーナーへ。

 
 

 DP1Merrill&DP2Merrill。ガラスケースの中に並んでいました。
 画像だとわかりにくいのですが、現行DP1&2より一回り大きい感じ。
 ストラップの吊り環が妙なレイアウトになってますが、普通に左右の方が良いような…。
 価格も含め、詳細が発表されるのが楽しみなカメラです。

 その後、ハンズオンコーナーでたまたま空いていたSD1を触ってみましたが、妙に大きい。(笑
 面白いカメラだけど、レンズ込みでそろえるのは大変だろうなぁ…。

 その後はブラブラと適当に見て歩きます。
 人の多いCanon、Nikonは華麗にスルー。(^^ゞ
 FUJIではX1Proの実機を見ました。展示されていたサンプル画像はかなり良かったんですが…。
 ただ、本体が大きすぎる。X100ぐらいならまだしも、多分K-5と同じぐらいの正面形サイズ。

 

 レンズラインナップが充実してこないと、投資する気にはなれないかな。

 OLYMPUSではOM-Dのカットモデルがあったので、ちょっと撮影。

 

 あのでっかい三角部分は部品がみっちり詰まってるんですね~。
 回転ブレも補正できるという手振れ補正はPENTAXと同じ電磁式だそうで。
 原理的にはPENTAXも5軸補正できるってことだよなぁ…。
 OM-D(E-M5)のデザインは、リーク画像含めて見ても、なんかピンとこない。

 

 銀塩OMなども展示されていましたが、なんというか「出来の悪いレプリカ」みたいな感じに見えてしまったのです。
 エッセンスを受け継いでデザインし直したのでもなく、原型を忠実に再現したのでもなく、記号的に似せてある、という感じ。
 まぁ、買う気もないのに文句言ってると怒られそうですが。

 最後に、PENTAX-RICHOブースに戻って、田中氏の講演(?)を聞いて、会場を後にしました。
 帰路は御徒町を経由して、アサゾーでTS2016のフロントリングなどを調達。
 夕食前に自宅に到着しました。

 久しぶりの展示会でしたが、なかなか楽しめました。
 今年のカメラ業界、色々面白そうですが、どうなるのかなぁ。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。