徒然研究所 沖縄旅行に行ってきました…最終日
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
沖縄旅行に行ってきました…最終日
  
  「ここはどこだ?」

 旅行の日程で最終日、と言っても3日目。
 朝食をロワジールホテルで摂った後は、基本的に自由行動。那覇空港に14時集合なので、近郊なら十分観光できる時間があります。
 同室の方は、早朝からゴルフで出かけてしまったので、まずは朝食会場へ向かいます。
 朝食を食べ過ぎると、おやつなどを摂りにくくなってしまうので、少なめに切り上げます。

 部屋に戻ったら、荷物などを手早くまとめて、チェックアウト。
 前日と同じように、徒歩で旭橋駅に向かいます。
 目指したのは首里城。なぜか観光コースに入っていなかったのですが、調べてみるとゆいレールで終点まで行き、さらに徒歩で行ける範囲。
 被写体としてもおもしろそうなので、行ってみることにしました。

 ゆいレールの北端?首里駅に到着したところで身軽になるべく、背負っていたロープロのローバーをコインロッカーに預けました。
 ドンケのみ肩に、首里城公園へ。

 

 こちらのシーサーは両方口を開いてますねぇ。幸福を呼んでも逃げちゃうのでは?

 

 

 結構天気がよかったで気温があがり、首里城の坂道を歩いてかなりヘロヘロになりつつ、一通り歩き回りました。
 周りには観光客がたくさんいましたが、目立っていたのがアメリカでしょうか、白人の団体さんたち。
 かなりお年の人たちで、車いすや杖をついた人などいろいろいました。

 時々ほかの団体客などについているガイドの話を盗み聞きしたりしながら、やっと本殿?にたどり着いたところで、タイムアップ…、とその時は思っていたのですが、少々時間を読み間違えていました。(>_<)
 まぁ、すべて満足してしまうと、「次へ!」というモチベーションが無くなってしまうので、こういう「やり残し」は気にしないことにします。

 ところで、沖縄といえばハブ。
 首里城公園を歩いていると、こんな看板が。
 近くには民家もあるのにハブが出るのでしょうか…。(-_-)



 ゆいレールの首里駅に戻り、ロッカーから荷物を出して、今度は那覇空港へ。
 そんなゆいレールの社内で気になるものを見つけました。
 曰く、「日本最南端の駅」。場所は那覇空港の一つ前のようです。
 ゆいレールに乗ってから、時間の読み違いに気づいたので、時間には余裕あり。そんなわけで途中下車してみました。
 それがこちら。

 

 ゆいレール赤嶺駅です。
 数枚撮影し、ゆいレールの高架に沿って徒歩で那覇空港へ向かいます。
 ところがここで大誤算。ゆいレールの駅間は結構短い(旭橋と牧志間は、歩いて30分程度のところに2駅ぐらいあります)と思ったので歩き始めたのですが、この赤嶺と那覇空港の間には自衛隊の基地などがあり、一般の乗降駅の需要がないのでしょう、えらく遠いのです。

 結局荷物をすべて持って、30分近く歩くハメになりました。
 とはいえ、途中にはゆいレールの車両基地とか、いろいろ見られて少し得した気分。(^_^)

 

 ほかにも自衛隊の基地の外れにF-104があったりしたのですが、ちょうどよい撮影ポイントには撮影避け?の生け垣が…。
 ゆいレールに乗っていれば、高架なので撮影できたかもしれませんが。

 空港にやっとの思いでたどり着き、かさばるお土産物を購入。
 集合時間に集まったところで、昼食を摂っていなかったので、空港内の食堂で飽きもせずソーキそばを食べました。
 その後、飛行機が遅れたりしましたが、無事に帰宅。

 後日昼食にお土産で購入したソーキそば、ソーキ、ラフテーを食べましたが、なかなか美味。
 沖縄、またいつか行きたいなぁ。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.