徒然研究所 台湾
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
南国からの贈り物 第二便
 もう三日ほど前になりますが、毎年恒例の夏の贈り物、2012年の第二便が届きました。

 

 台湾産の「愛文マンゴー」でございます。(^^ゞ
 いつもの通り、呉さんからですが、事前に「いつ頃着いたらいいか?」と連絡がありました。
 「ライチとマンゴーが一緒に届いても、家族で食べきれないので時期は分けてね~」と、お願いしていたので、この時期に届いたわけです。

 ちなみに、ライチは航空便ですが、マンゴーは船便だそうで。

 

 中身と入っているペラ紙。
 中身に隙間があるのは、既に冷蔵庫に入れているから。

 夕食後などに食べましたが、あいかわらず美味しいです。(^。^)
 今度はいつ台湾にけるかわかりませんが、しっかりお礼しないといけませんね。(^_^;)  
スポンサーサイト



南国からの贈り物 第一便
 今年もやってきました。

 

 台湾産のライチです。いつものように、高雄の呉さんが送ってくれました。(^。^)
 もともとライチは足の早いフルーツだそうで。
 そのため、この時期スーパーなどで中国産のライチが売られていますが、冷凍物が多いそうです。
 冷凍するとかなり味が落ちるそうで、こちらは冷蔵の航空便です。

 

 箱の中はこんな感じ。このパックが6個も入っていました。
 結構イイ感じに熟しているので、冷蔵庫に入れていても早めに食べないと傷んでしまいます。

 昨年はそれで結構廃棄することになったので、今年はコンスタントに消費するようにしています。(^^ゞ
 さて、いつまで保つかなぁ…。
見た目?雰囲気?
 台湾カテでこのタイトル。何の事かと思われるでしょうが、ちょっと聞いて下さいよ。

 ワタクシ、遠い祖先は知りませんが、少なくとも二代前から純粋に日本人でございます。
 で、ほぼ日本語しかしゃべれませんし、わかりません。

 そんなワタクシですが、台湾で一人でブラブラしていると、なぜか道を尋ねられるのです。
 思えば、二度目の訪台(仕事)の時に兆候がありました。
 仕事関係の方たちと食事中、先方の友人らしき方がたまたまいらっしゃったのですが、ワタクシと一緒に行っていた日本人には日本語で挨拶、ワタクシには台湾国語で挨拶…。
 その時のワタクシは訪台二回目。何がその方にワタクシを台湾人と思わせたのか?

 そしてここ数年。呉さんの都合もあり、旅行中の単独行動が増えました。
 まずはデパート近くで上班族(サラリーマン)らしき男性に道を尋ねられました。
 その次もやはり同じようにサラリーマンらしき男性に、MRTの構内で何事か尋ねられました。
 このお二方は、他に周りに人がいるにもかかわらず、ワタクシに尋ねてきたのはなにが理由だったのでしょうか?

 とどめはMC-1でフォタリング中に、若い女性に何事か尋ねられました。
 このときは周りに人が少なかった(いなかったわけではない)のですが、怪しい自転車に乗った怪しいオッサンに聞くことないと思います。

 呉さんに話したところでは、「う~ん、日本人ってわかると思うんだけどなぁ。何でだろう?」とのこと。

 心苦しいのは、何かに困って声をかけてきたのだろうに、「日本語しかわからないです、ごめんなさい」としか返せない事。
 やっぱり勉強するしかないか?
台湾のうまいもん 2012
 今回の旅行でも美味しいものに出会いました。

 

 台北の西門町で食べた鴨肉料理店の麺と鴨肉。
 麺はアッサリ系で、鴨肉は数種類のタレを自分で選んで食べられますが、そのままでも良い味。
 気を付けるところは、骨も一緒にぶつ切りなので、油断すると口の中でジャリジャリします。(^_^;)

 

 呉さんの自宅近く、左営の「麻辣臭臭鍋」屋さんの「臭臭鍋」。
 なんで「クサイ」のかというと、入っている豆腐が臭豆腐なのです。
 左の画像の右下隅に空のお皿が写っていますが、こちらは炸臭豆腐=揚げ臭豆腐を食べた後。(^_^;)
 こちらの「辣=辛い」は半端ではないのでワタクシは「小辣=ちょい辛」にしてもらいました。
 このお店の臭豆腐はあまり臭わないので初めてでも食べやすいと思います。

 

 六合夜市の中程にある小吃屋台。ゆでエビやかに爪と鮮蝦煎餅を売っています。
 食べたのは鮮蝦煎餅。二個で50元で、注文すると後ろの鍋で揚げてくれます。
 中は野菜の千切りなどと一緒に小指ほどのエビが二尾入っています。
 小指ほどというと小さいと思うかもしれませんが、ものそのものが小さいので、一口噛むと必ずエビが口に入る状態でした。
 熱々でエビはプリプリ、野菜などの歯ごたえも良く、なかなかの味でした。

 

 こちらは牛肉麺。スープがあるように見えますが汁無しです。
 なので、右の画像のようにスープが別に付きます。
 台湾の麺は日本ほどコシが無い事が多いのですが、ここはモッチリシコシコ。(^.^)
 味も日本人好みでボリュームもあり、オススメです。
 また、この牛肉麺、麺を食べ進め、残り三分の一ほどになったら、別付けのスープを投入、スープ麺にして楽しめます。
 まるで「ひつまぶし」ですが、別付けスープが薄味なので、割る事でちょうど良い味になります。

 

 最後は義美食品のアイスキャンディー。マンゴーとバニラのコンビネーションです。
 チラッと写っていますが、MC-1でポタリングした後、買い物ついでに寄った時に購入。
 マンゴーの部分も果汁の味がしっかり有り、バニラ部分もしっかりミルク味。
 この日の気温は28℃近く、かなり暑かったので本当に美味しかった!

 次にあの味を味わえるのはいつになるのかなぁ。
南の島の暴れん坊2
 

 呉さんの愛犬(?)、ロッキーくん。
 昨年会った時、幼犬ながらなかなかのヤンチャぶりでしたが、1年たった今、さらにパワーアップ。
 呉さんもそのパワーに戸惑い気味のようです。

 

 散歩に出かけた公園で、なにやらはしゃぐロッキーくん。
 どうしたのかと思ったら、そこにはネズミらしきご遺体が…。そんなところでナニしてんの?

 その後は呉さんが投げるディスクを取ってくる遊びに夢中。

 
 

 咥えて戻ってくる時、ディスクの姿勢によっては風圧で上向きに。(^_^;)
 ただ、暑いからかしばらくすると電池が切れちゃって、足取りが重くなってしまいますが。

 「とってこい」が大好きなロッキーくんですが、実は一つ難点が。
 取ってきた後、おやつをあげないと、取ってきた物を渡してくれない。

 

 既に口からディスクを出してますが、ここでおやつをあげずに取り上げようとすると、再度かみついて離してくれません。
 ワタクシも、呉さんの自宅で「とってこい」したのですが、おやつをあげなかったので、かなり緊迫したやりとりになってしまいました。

 今回いろんな所に一緒に出かけましたが、特に女性には人気のロッキーくん。
 既に「タマなし」のロッキーくんも「若くて綺麗なおねえさん」が大好きなようで、愛想を振りまいてました。(^.^)
 でも、呉さんは「かわいいですね~、っていわれるけど、飼ってないから判らないんだよ。本当のアイツは悪魔だよ!(-_-メ)」とあきれ気味。

 

 そんな一人と一匹。ペットは飼い主に似る、飼い主は自らに似たペットを選ぶ、とも言いますが、はたして似たもの同士なのか…?
 私の意見では…、言ってしまうとヤバそうなので、やめときましょうか。f(-_-;)
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.