徒然研究所 本
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
ああ、勘違い…
 しばらく前の事ですが、表紙のイラストとタイトルに釣られて購入した本がありました。
 その名も「三匹のおっさん」。作者は有川浩さん。

 会社を定年退職した「おっさん」に飲食店をやってる「おっさん」、電気関係の会社をやっている「おっさん」の幼なじみのおっさん三人組みが、ボランティアで正義の味方をやる、という内容です。
 なかなか面白くて、すぐに続編の「三匹のおっさん・ふたたび」も購入して読みました。

 それからしばらくしてついこの間。本屋さんで目に付いたのが同じ作者の「空飛ぶ広報室」。
 こちらは不慮の事故でパイロットをやめる事になった航空自衛官が、広報室に転属になって…、という内容。
 こちらもかなり楽しめました。

 で、「おっさん」二冊を読んだだけのときは、作者は男性だと思っていました。
 ところが、「広報室」の後書きを見ると、実は女性だったという…。orz

 いえ、別に作者の性別で何か文句があるとか無いんですよ?
 ただ単に、文体とかで勝手に自分が男性だと勘違いしていたのがどうにも恥ずかしいというか、「本読み」として、自分はまだまだだなぁ、と。

 まぁ、なんだかんだいってますが、作風が気に入ったので、とりあえず発売されている作品を手当たり次第読んでみる事にしました。

 初期の自衛隊三部作、「塩の街」「空の中」「海の底」はかなりSFチック。
 ライトノベルっぽいのは、作者ご本人が目指したものだそうで、シチュエーションはあまりリアリティはないのですが、ディテールがかなり凝っています。

 「図書館戦争」シリーズは、代表作といわれるだけあって、かなり面白い。
 なんでも図書館に掲げられていた「図書館の自由に関する宣言」なるものからイマジネーションを膨らませていったということですが、一歩間違えば似たような状況が現実になるのでは?なんて思ってしまうところもあったりします。
 特に、作中の「メディア良化法」なる悪法が、「メディア報道の偏りや国民の政治への無関心からいつの間にか成立」とか、「憲法で補償されたはずの権利をメディア良化委員会が独自の判断で規制している」所とかは、昨今問題視されているある法案のことを思わせます。
 作品の中では、「図書館の自由に関する宣言」を元に、対向組織として図書館隊が設立されますけど、現実はどうなんでしょうね?
 ま、その辺は置いておいて、ちょっと少女漫画チックなシチュエーション含め、魅力的な登場人物や会話の面白さとか、確かに「代表作」といえそうです。

 また、この作者の面白いところは、やたらとスピンオフ作品が多いところ。
 各作品の「その後」とか、サブキャラの背景とか、いろいろな題材で書いていて、それがまた良い具合に本編を補完してくれるので、読むのが楽しみになります。

 最近はあまりSFチックな作品は出されていないようですが、自衛隊三部作みたいなSF、また書いてくれないかなぁ。

 
スポンサーサイト



自転車事典?
 Amazonで自転車関連の本を見ていたら、「CYCLEPEDIA」なる洋書を見つけました。
 「著者が選んだ自転車100選」みたいな本らしいのですが、洋書なので、その時はスルー。

 その後、またも自転車関連の本を見ていたら、なんと翻訳書が出ているではないですか!
 ちょっとお値段高めでしたが、早速購入。

 届いてみると、ずっしり重い…。ハードカバーのおっきな装丁で、ちょっとびっくり。

 中身は期待に違わず、様々な自転車がてんこ盛り。(^.^)
 中には「こんな奇妙な自転車があったのか?」と驚くような物も入ってます。

 惜しむらくは、各車の紹介が、ほぼ1ページというところ。
 そのため、画像も数枚で、あくまでも「紹介」という感じ。それでも、発売国や発売年、メーカーや製品名はしっかり載っているので、そこから詳しく調べる事は出来るかもしれません。

 是非、次の100選とか出して欲しいですね。 

  
J・P・ホーガン氏亡くなる
 人に「おまえはアニメマニアだな」と言われると「とんでもない!SFマニアだ!」と言い返すワタクシ。(^_^;)
 古くはベルヌに始まり、知らずに読んでいたハインライン、やアシモフ、中学以降はハヤカワ文庫や創元推理文庫で海外国内問わず読みあさったものです。

 好きな作家はたくさんいますが、その中の1人、J・P・ホーガン氏が亡くなられたそうです。
 昨日ハヤカワ文庫の新装版「プロテウス・オペレーション」を購入したばかりだったので、かなりびっくりしました。

 ホーガン作品と言えば、「星を継ぐもの」からの「巨人シリーズ」や「造物主の掟」などが特に有名ですが、ワタクシが好きな作品は「ミクロ・パーク」と「未来からのホットライン」。

 もちろん、そのほかの作品も好きですが、なんといっても氏の作品は、「読者をその気にさせる」テクニックが素晴らしいのです。
 「ミクロ・パーク」のマイクロアミューズメントパークはすぐにでも出来そうな気がしてきますし、「未来からのホットライン」のタイムマシンも、本当に開発されているのでは?と思わせられます。
 そして、そういったディテールだけでなく、読み進むうちに「そうだったのか!」と何度も感動でき、さらに、よりよい未来を信じさせてくれるストーリーがとても良いのです。

 未訳の作品がどれぐらいあるのか分かりませんが、新作が読めなくなるのはとても残念です。(T_T)
 
待望?のガイドブック
 前回のエントリのあと、ケータイWATCHをチェックしたのですが、そこでHW3のGSM W-SIMが発売された、という記事を見たのが15時頃。
 が、すかさずウィルコムストアをのぞいてみると、すでに売り切れていました。(T_T)

 で、一番近いウィルコムカウンターを探してみると、おなじみのモラージュ菖蒲にあるというので、行ってみましたが取り扱い無しとのこと。
 がっかりですが、家に戻ったところでウィルコムストアのTwitterを見てみると、明日も入荷があるとのこと。
 やった!と思ったのもつかの間、明日は就職支援会社の面談があるのを思い出して、ちょっと不安に…。
 とにかく、明日は移動中などこまめにチェックするしかなさそうです。

 ちょっとエントリのタイトルと関係ない話になってしまいました。
 今回、そのまま帰るのはもったいないのでモラージュ菖蒲の本屋さんに初めて入ってみたのですが、なかなかの大きさ。
 早速、しばらく探していた新書を探してみるとうまい具合に在庫があったのでゲット。
 ついでにいろいろ見て回っていたのですが、旅行ガイドのコーナーで、見かけたのがこちらの本です。


 台湾の旅行ガイドブックでは、なかなか取り上げられることが少ない高雄ですが、台湾の哈日杏子さんがやっと出してくれました。(^。^)
 内容はMRTを利用した高雄の観光ガイドで、MRTの駅ごとに近くのスポットを紹介しています。
 写真も豊富で、結構分かりやすいので、おすすめです。

 というわけで、次回の旅行で早速活用する予定です。








初めてなのに二つ目

会社帰りにふと立ち寄った本屋さんで見つけました。

IMGP0008 

いわずと知られた「大人の科学」マガジン。
以前にも「スターリングエンジン」を購入したことがありますが、今回の付録はこちら。

>>続きを読む
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.