徒然研究所 カメラ
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K-5 夕日試写
 自宅のベランダから夕日を撮影してみました。
 目の前のBSアンテナや電線を避けるためライブビューで撮影しています。
 レンズはsmc DA40mm F2.8 Limited。
 ちょっと試してみたい事があって、SilkyPixで現像しています。

 
 (f2.8 ss=1/2000sec ISO=100 -2.3Ev AWB)

 一枚目はパラメータを一切いじらず現像しています。
 縮小画像なので精細感は置いておくとして、手前が(狙っているので当たり前ですが)かなり黒く落ちています。

 

 二枚目はSilkyPixで露出を自動調整。結果は+1.16Evされました。
 黒く落ちていた部分がかなりディテールが見えてきました。

 

 三枚目は手動で+2.3Ev=カメラの適正露出にしてみました。
 手前の田んぼの緑が出てきて、ラチはそこそこありそうな感じです
 ただし、等倍で観るとやはりノイズは多め。その辺は仕方ないところでしょうか。

 ちなみに見えているのは圏央道の橋脚工事。この辺は2012年に完成予定。
 全線できあがると、東北道はもちろん、関越道や中央道、成田方面へクルマで出かけるのがかなり楽になりそう。
 まぁ、全線開通はさらに数年後だそうですが。

 次のK-5の出番は週末のサイクルモード。
 高感度が良くなったので、暗い便利ズームでも気軽に撮影しやすくなっているはずなので、いろいろ撮影してみたいところですが、さて良い被写体はあるのかな?

スポンサーサイト
K-7で浅草
 K-7購入後、ほぼ必ず行っていた浅草寺での試写をやっていなかったので、所用のついでに撮ってきました。
 いつもは会社帰りなので、夜景でしたが、今回は夕暮れ時の時間帯なので、画像的にはちょっと趣きの違うものになりました。

 
 (smc DA☆16-50mm F2.8 SDM f5.6 SS=1/30sec ISO=800 19mm Av)

 本殿?は瓦の葺き替えなどが行われていて、こんな感じに。
 なかなか目ヂカラがありそうな龍の絵がイイ感じです。(^^ゞ

 お次は五重塔。

 
 (smc DA☆16-50mm F2.8 SDM f4.0 SS=1/50sec ISO=400 +1/3EV 19mm Av)

 あら、なんか斜めな感じ…。(--;)
 でも、夕暮れ時+ライトアップもちょっと不思議な雰囲気で良いかも知れません。

 お次は草履。

 
 (smc DA☆16-50mm F2.8 SDM f4.0 SS=1/50sec ISO=500 16mm Av)

 誰が履くための草履なのかわかりませんが、とにかく巨大。
 上半分が露出不足?なので、本当は測光モードを変えるか、露出補正した方が良かったかも…。(--;)

 そんで、いつものごとく手水鉢の龍も。

 
 (smc DA☆16-50mm F2.8 SDM f2.8 SS=1/15sec ISO=800 -1/3EV 50mm Av)

 かなり近づき、テレ側絞り開放で撮影したせいか、うまい具合に背景がぼけて立体感が出てくれました。
 最後はやっと撮影できたスカイツリー。


 
 (smc DA☆16-50mm F2.8 SDM f4.0 SS=1/6sec ISO=800 50mm Av)

 意匠としては綺麗なのかも知れませんが、末広がりな方が安定感があって安心できますね。

 しかし…、薄暮の空にちょっとノイズが多いかな…。
 まあ、曇り空だったので、すっきりとした背景とは行かないのはわかるんですが。

 撮影してみての今更ながらの感想ですが、やはりコンパクトで取り回しがとても楽でした。
 さて、次は何を撮ろうかな。

 
ふたつめだけど初めての実写

IMGP0016

組み立てはおおよそ1時間ぐらいでできました。
プラ製なので、ピント合わせのスクリューなんかの精度が怪しげですけど、いろいろいじくってみます。

シャッターは、押し切る途中で切れるのですが、ストロークが大きいのと、本体が小さく軽いため、そのままだと盛大に手ぶれします。
もう一度本誌を見ると、ストラップを取り付けて、突っ張りを利用して手ぶれ防止しながら撮影するのが「作法」とのことで、ストラップを買うために近所のコイデカメラへ。
ところが、二点吊りストラップはおいていないので、今度はキタムラへ行ってみたのですが、こちらもなし。
仕方がないので、普段使いできそうなストラップ付きのベルトポーチを購入、そのストラップを流用することにしました。

そんなこんなやっているうちに、曇ってきてしまい、撮影条件が悪そうなので、この日は撮影をあきらめました。

部屋に戻り、少しファインダーをのぞきながらピント合わせの練習。
左右が反転しているので、フレーミングでちょっと戸惑いますが、まぁ、何とかなるでしょう。
ちなみにファインダーはこんな感じです。

IMGP0017
PCの壁紙の画像ですが、上が切れているのは構図的に切っています。(^^ゞ
正直、ピントがつかみやすいとはいえないし、実際には上下別のレンズなのでピント調整が必要なのかもしれませんが、それは実写してみないとわかりません。
というわけで、一夜明けて本日撮影してきました。
撮影したフィルムは、コイデカメラで現像し、CDデータへ。料金は\980。以前に比べて安くなったような気がします。

肝心の実写画像はこちら。

FH000008 
FH000014 FH000020

FH000011 FH000012

とりあえず比較的画像の中心でピントのきていると思われるものを選んでます。
撮影は24コマぐらいしたのですが、フィルム送りをし忘れて二重露光しちゃったコマが2コマあったので、現像は22コマでした。

ピント合わせが思ったよりも難しくて、近接撮影はほとんどピントが合っていませんでした。
使いこなすのはちょっと難しそうですが、楽しいといえば楽しい。

というわけで、二眼初体験レポートでした。

2台目のEOS
 「資金が無い~(ToT)/」とか言っておきながら…。
 買ってしまいました、2台目のEOS。

 だって、あこがれるじゃないですか、さらに大きな撮影フォーマット。
 同じレンズでも、さらに広角で写せるし。
 おじさんおにいさんとしてはイイ「出物」を見つけて、どうしても衝動を抑えられなかったのよ。

 APS-Hフォーマットで重厚な金属ボディ、


 さて、その正体は…?

>>続きを読む
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。