徒然研究所 鐵
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てっぱく にいってきました 2013
 

 今年も妹&甥っ子2人が滞在してまして、恒例になっている「てっぱく」ツアーに行ってきました。

 といっても、甥っ子2人の主目的は車輌の観察より、ミュージアムショップでの買い物だったりするのですが。(^^ゞ

 開場直前に到着し、入場待ちの列に並びましたが、すぐに入場。
 品切れする前に、駅弁ショップで昼食用の駅弁を購入し、軽く場内を見学。

 ワタクシはそんな3人を撮影したり、展示車両を撮影したり。

 

 左は、「つばめ」のヘッドマークを掲げたEF58。ヘッドマークは期間限定だとか。
 右は、0系を展示している手前にいるC51。正月飾り付き。

 

 2Fコンコースから。結構混雑しています。

 甥っ子2人はジオラマを見学するというので、ワタクシは東北&上越新幹線の走行を見学できる3Fテラスへ行き、E5形はやぶさの通過時刻を確認。
 上りが毎時39分、下りが毎時23分。甥っ子2人が見ているジオラマ見学が15分頃に終わるというので、、見学終了後、そのまま3Fテラスに行き、ちょっと早めの昼食を摂りながら通過を待つ事にします。

 23分の下りは、通過時刻を29分と勘違いしていたせいで見逃しましたが、39分の上りは何とか撮影成功。

 

 このときの上りは4~5分ほど遅れていて、上越の下りにきを取られている内にやって来たので、なんとか中間の連結部分を撮影できました。
 驚いたのは、この直後に同じ下り線を「こまち」らしき列車が通過した事。その差はほんの十数秒。
 周りにいた子供の中には、「追い抜くんじゃね?」とか言ってるのもいましたが、ワタクシは、高速鉄道をあの間隔で走らせる、日本の技術の凄さを実感しました。

 

 その後は軽く場内を一回りして、ミュージアムショップで買い物をし、ツアー終了。
 なかなか忙しいツアーとなりましたが、甥っ子2人が楽しんでくれたようなので、まぁ良かったのかな?

 
 
 
スポンサーサイト
旅に出ておりました その5
 前回までと趣向を変えて、今回食べた小吃などを画像とともにご紹介。
 ワタクシにとって、美味しい料理の数々は台湾第二の魅力点。
 なぜか日本では気軽に食べられる機会がないのがすごく残念です。

 まずは台南で食べたもの。

 

 まずは「度小月」の坦子麺。普通の麺に煮卵と肉団子をトッピングしています。
 麺以外に冬粉(春雨)、米粉(ビーフン)も選べます。
 鹹水を使っていない麺はあまりコシがありません。
 スープは醤油味のタレとおろしニンニクに、大量のエビの頭からとったダシがきいたスープ。
 最後に肉燥(肉そぼろ)に香菜、小エビを載せて完成です。
 量が少なめなので、足りない時は坦子麺と同じ肉燥をご飯に載せた肉燥飯などを加えると、結構食べ応えのある食事になります。 

 

 同じく「度小月」のおかず2品。青菜炒めにレバーの煮込み。
 青菜炒めは単純な炒め物ではなく、結構水分が多めになっています。味付けは肉燥とその煮汁を使っているようです。
 台湾の料理屋さんでは同じような調理法の菜炒めが多いのですが、どの野菜もどこの店もとても美味しいので、再度メニューにはおすすめです。
 レバーはかなりしっかり煮込んであり、歯ごたえがあります。見た目に違わず結構濃いめの味付けです。

 

 おなじみの再發號の肉粽に「ローゲン」。
 竹べらが2つあるのは呉さんとシェアしたため。ローゲンはとろみスープですが、画像はイカのローゲンです。
 ちまきは普通蒸してつくるものだそうですが、再發號では一度ゆでてから蒸すのだそうで、その辺が味や食感の違いになっているそうです。

 
 
 
 

 お次はある日の二人での夕食をずらずらーっと並べてみました。場所は高雄の某海鮮料理屋さん。
 魚の蒸し物、小さめのイカの丸焼きにアワビ(トコブシ?)と巻き貝の焼き物、イカ団子に芋のツルの炒め物に炒飯、海草のスープです。
 撮影はDP2sですが、蛍光灯だと美味しそうに見えないなぁ…。orz

 炒飯はべたつきもなく、エビなんかは食感もプリッとしていてとっても美味。
 スープは海苔のような海草以外にしらすも入っています。少し油を加えているので、あっさり味なのにコッテリ感もあったりします。
 高雄は海の街でもあるので海鮮はどれも新鮮。素材の味を活かしたシンプルな味付けでどれも美味でした。

 と、思ったよりも量があったので、続きはまた次回。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。