徒然研究所 MC-1A
FC2ブログ
徒然研究所タイトル画像
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MC-1A 鈴鹿仕様へ改造中
   
    (FinePix F31fd)

 今年のGWは海外脱出もせず、かといって仕事があるわけでもないので自宅でのんびりしています。
 そんなわけで、前回のエントリのように、MC-1Aを鈴鹿仕様にモディファイしたり、FOLIOのフレームを塗装に出したり(予定)と自転車三昧で過ごしています。

 今日はFOLIOを持ち込むつもりだったのですが、起きてみると偏頭痛でちょっと遠出は無理そうな感じ。
 無理矢理昼食を済ませて、頭痛薬を飲んでしばらく横になることにしました。

 午後も半分を過ぎて、何とか頭痛も治まったので、外出せずに昨日のMC-1Aの作業の続きをすることにしました。
 前回エントリの後、ヤフオクで有る物をゲットできたので、2点ほどパーツを交換。

 
 (FinePix F31fd)

 フロントとリアのディレイラーをサンツアーのシュパーブに交換しました。
 シフターは赤松工房さんのシマノ9速用プレートで改造したコマンドシフター。
 昨日の時点で、XTシャドウディレイラーでは少しシフトが安定しなかったのですが、シュパーブに交換したらバシバシ決まります。

 なんでも、サンツアーとシマノでは、シフターとディレイラーのワイヤーの動きに対する動きが、
  サンツアー…シフターがラフでディレイラーがシビア
  シマノ…シフターがシビアでディレイラーがラフ
 だそうで、それがXTとのセットではうまくマッチしていなかったようです。

 もともと、FOLIO用にシュパーブの前後ディレイラーを1セット確保してあったのですが、ヤフオクでもう1セットゲットできたので、手持ち分をMC-1Aに導入したというわけです。

 実際に、シフターを操作すると、XTでは何となく「ゆるい」感じがするのですがシュパーブにしてみるとなぜか「カチッ」とした感じになりました。
 やはり、純正の組み合わせ(?)が一番性能を発揮すると言うことなのかもしれません。
 とはいえ、カセット&チェーンリングとチェーンはシマノ9速用なので、本当の性能ではないのかもしれませんが。

 さて、ハンドル周りはこんな感じです。

 ちょっとわかりにくいですが…。
 ハンドルバーは、NITTO184の分割仕様で、幅は400mm。
 ブレーキレバーはヨシガイの287V。
 サブレバーはテクトロです。

 アヘッド化は、純正のハンドルポストを切断、割りのスリットを入れた後、28.6φのシートポストのやぐらを切断した物をクランプで固定しました。

 (FinePix F31fd)


 これは、MC-1A購入時から考えていた改造方法。
 もし失敗したら、元に戻せないのでずっと躊躇していたのですが、今回思い切って実施してみました。

 実際には、ハンドルポストの中はなめらかな円筒ではないのですが、何とかなりました。
 ただ、MC-1などのように回転止めをもうけていないので、クランプがゆるむとかなり危険。この辺は追々対策しようと思っています。

 さて、ハンドルバーの固定では、BAZOOKAの角度調整式のステムの取り付け部に、SATORIのパーツを組み合わせています。
 ポスト側はねじ一本の締め付けなので、こちらをゆるめるだけでハンドルを分割できます。

 (FinePix F31fd)



 基本形はできました。
 今後は、ポジションの調整と、走り込みで挙動に慣れるようにしないといけません。
 何しろ、MC-1Aは挙動がクイック。一方で最近乗り続けているGRANDTECHはいろんな意味で「ゆったり」なので、気をつけないとヒドいことになりそうです。

 しかし…、今年の鈴鹿はMC-1ユーザーで参加者が集まらなかったら、ソロで参加するしかないだろうか。
 真夏にソロは辛そうだなぁ。

スポンサーサイト
MC-1A もう後には退けぬ…
 何度か予告していたMC-1Aのドロップハンドル装着ですが、こんな感じになりました。

 結局、例のHPの方法ではなく、元々考えていた独自の加工で装着しています。

 まぁ、まだちょっと加工が甘いのですが、GWでセッティングを決めて、イベントに向けて試乗、慣れていきたいと思います。

 (NEC N905iμ)



 さて、具体的にどんな加工をしているか?、また後日。
MC-1A フロントダブル化の秘策
 前回のエントリで予告していた(?)、MC-1Aのフロントダブル化の「秘策」が無事成功しました。

 「秘策」というのは小径車用のFディレイラー台座ですが、こちらは和田サイクルさんで販売しているトレンクル用のもの。
 バンドサイズがφ35用ということ、ディレイラー取り付け角度が合うかどうかが肝だったのですが、見事にマッチしました。

 こちらはフロントリング側から。
 ディレイラーはティアグラのダブル用です。
 こちらは左クランク側から。
 このFディレイラー台座は、
  1.ディレイラー台座
  2.シフトワイヤー台座
のセットになっているので、大した苦労もなく取り付け完了です。
 少々シフトワイヤーの取り回しがキツキツですが、そのへんはナイロンバンドで固定しました。


 見ていただくとわかるとおり、フレームとのクリアランスがかなり狭いのですが、変速はばっちりOKです。
 価格が¥7,500ほどするのが難点ですが、バンド部分にアダプターを使えばほかの小径車にも使えそうですし、結構使いどころがありそうなパーツです。

 さて、そんなこんなでフロント変速の実装には成功しましたが、リアディレイラーの問題は未解決…。

 

 ちょっとわかりにくいですが、フロントインナー時のディレイラーのケージの位置です。
 左側はリア8速の時、右側は9速の時で、8速で数mm、9速ではタイヤのサイドウォールに接触しています。
 フロントがアウターのときには接触しないので、単純にチェーンラインとケージのサイズの問題です。
 解決策としては、ディレイラーをカプレオに戻すか、クランクをトリプル用にする、タイヤを1.35サイズにするといったところがかんがえられます。
 まぁ、通常使用でトラブルが出たら考えるということで、現状は見切り発車でいっちゃいます。(^_^;)
MC-1A 対鈴鹿エンデューロ暫定仕様
 週明け早々に次の週末の話をするのも何なんですが、11月4日は鈴鹿エンデューロです。
 今年も早々にチーム参加に名乗りをあげ、着々と(?)準備を進めてきましたが、ここにきて、やっと今年の参加車両、MC-1Aの暫定仕様が見えてきました。

「駆動系」
・フロントリング…アウター56T/インナー44T ダブル フロントディレイラー…ティアグラ(予定)
 ギア比のクロス化を目論んでフロントダブル化に挑戦したものの、思いっきり失敗してしまい、対策を検討中でしたが、自作パーツでの対応を断念しました。
 現在、某所の小径車用フロントディレイラー台座を手配中ですが、MC-1Aに適用できるかどうかは不明なので、最悪フロントはシングルになる予定です。

・リアカセット…カプレオ+デオーレLX混成 9速 リアディレイラー…デオーレXT用シャドウディレイラー
 悩んだのですが、結局カセットをリアカセットは組みなおしました。
 手法としてはMC-1cp怪と同じカプレオ+デオーレLX(11T-32T)カセットの混成です。
 リアカセットの構成は、9-10-11-(12)-13-(14-16-18-21)となっています。()内がデオーレLXのカセットから持ってきたもので、かなりのクロスレシオになっています。
 これでも、MC-1cp怪のフロントアウターに比べてもロー側が低いので、フロントシングルでも何とかなるだろう、という微かな期待を込めています。(^_^;)

 シフターはPAULサミーズ+SHIMANOのバーコンです。

ハンドル&サドル
 ハンドルはキャプテンスタッグの折りたたみハンドルを切り詰めて使用。取り付け部分にポジションちぇンジャーを追加して、今までより前傾姿勢となるようにしました。
 サドルはVELOのトライアスロンタイプの長さのあるものにしています。

タイヤ
 購入時のコメット1.35から1.5へ。これはリアタイヤの中央部分のパターンがなくなってしまったのと、通勤仕様としての快適性アップのためで、鈴鹿対策ではありません。

 これだけのモディファイで、MC-1cpで達成できなかった、鈴鹿1週を12分切るのが当面の目標。
 ま~、一発勝負ならなんとかなるのではないかと、かなり能天気に考えていますが、果たしてどうなるのか…。

 最終メンテナンスは、金曜の夜に実施するしかないのがちょっと心配ですが、各ワイヤーの点検とチェーンの交換、グリスアップがメインになると思うので、そんなに時間はかからないでしょう。

 そんなわけで、週末は晴れるといいなぁ…。(-_-;)

MC-1Aカスタマイズ更新
 通勤に大活躍中のMC-1A9ですが、鈴鹿に向けて少々カスタマイズを更新しました。
 ポイントは2つ。輪行での利便性向上と、変速比のクロス化です。

 MC-1Aのフレーム折りたたみは、折りたたみ自転車ではポピュラーな左折りになっています。
 一方、MC-1は輪ころ時にリアディレイラーとフロントリングを保護するため、右折りになっています。
 MC-1Aでは、そのままだとリアディレイラーがかなりはみ出てしまい、輪行&輪ころ時、ぶつけたりして破損する可能性があります。

 そんなときに、SHIMANOから「シャドーディレイラー」という、新しいタイプのリアディレイラーが発売されました。
 MTB用なので、ミドルケージとロングケージしかないのが残念ですが、カプレオから交換してみました。

 
 (機材:FinePix F31fd)

 4~5速以上ロー側であれば、横方向の飛び出しはほとんどフレームの幅に収まります。
 その代り最低地上高が数cmになってしまいますが、相当大きな残差などを通過しない限りは大丈夫、と思います。(^_^;)

 (10月21日追記)
 御覧のとおり、タイヤも1.35から1.5に交換していますが、そのせいでリアが一番ローの時、タイヤのサイドウォールとガイドローラ(?)の隙間が数mmしかないのがわかりました。(^_^;)
 なかなか一筋縄ではいかないものです。
 (追記終わり)

 変速比のクロス化は、例の如くフロントのダブル化です。
 こちらはMC-1cpの経験をもとに、同じ手段でやってみたのですが、フロントインナー(44T)側は、リアが一番ローでもガイドプレートにチェーンが干渉してしまい、今のところただのチェーンガイド状態です。

 
 (機材:FinePix F31fd)

 画像を見るとわかりますが、フロントディレイラーの取り付け位置と角度をかなり調整しなければいけないのですが、一筋縄では行きそうもありません。
 そんな状況なので、リアカセットの組みなおしもせず、現状は中途半端な状態です。
 本来なら、リアのカセットを組みなおしても踏めるだけの脚を鍛えるのが本当なのでしょうが…。

 実はハンドルまわりにもひとつ折りたたみのアイディアがあるのですが、トライして失敗となると、予備部品が手に入るまで走行不能になってしまうので、いまだ手つかず状態です。

 そんなわけで、相変わらずの「魔改造」、しばらく悩みそうです。


 (機材:FinePix F31fd)
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。